怒りの感情で後悔しない


怒って後悔しない

怒った結果、あんなこと言わなければよかったという後悔を感じた経験はありませんか? 怒ることによりその場の空気も悪くなり、不機嫌な場を生むきっかけとなります。

怒れなくて後悔しない

もう一つ忘れてはいけないのが怒らずに我慢してしまうこと。あの時相手へ思いを伝えられていたらという悔しい後悔です。我慢やうっぷんが溜まればいずれ破裂してしまいます。

もはやマナー


企業ではリーダーの品格としてアンガーマネジメントが認知されています。リーダーに限らず職場でも学校でも家庭でも婚活の場でも、アンガーマネジメントができて穏やかにいられる人は素敵な人として慕われます。「キレやすい子供」という表現も聞きますが、小学生、中高生、社会人まで怒りの感情をコントロールする技術を学ぶことは時代のニーズ。社会のマナー、人間関係のエチケットになってきました。

価値観多様化社会を生きる


現代社会では人の数だけそれぞれの価値観があるのは当たり前ですが、生きずらくなったという人もいます。理由は無数の価値基準「〜すべき」が存在しますので、自分の思うままに動かせないから。アンガーマネジメントは人それぞれの「〜すべき」が存在して当たり前、どう対処していくかを学びますので気づいたら普通に価値観多様化社会に馴染んでいるでしょう。