iCon PRESENTATION

アイコンプレゼンテーション

セールスの場に限らず、あらゆるビジネスシーンで活用できるプレゼンテーション。ビジネスパースンが備えておきたいスキルを、プレゼンテーターの個性を最大限に活用したユニークな指導法で習得します。スティーブ・ジョブズにはなれなくても、あなたも輝くプレゼンテーターに。

1


iCon PRESENTATION

アイコン プレゼンテーション

個人のプレゼンレベル、チームのプレゼンレベルを確実に上げる画期的なコーチング。プレゼンが楽しみになるから不思議。

2


PRESEN AID

プレゼン エイド

重要なプレゼンをしなければならない。そんな時にはあなたの専用チームを結成して、すごいプレゼンを披露しよう。


3


iCon PRESENTATION

フォワーダー専科

「仕事はできるけど、人前で話すのは苦手」が多い業界。プレゼンができるようになったら、どう変わるでしょう?

4


PERSONAL TRAINING

パーソナルトレーニング

法人研修のみであったプレゼン研修を、いよいよ個人様向けにオンラインでリリース開始します。

COMING SOON


インストラクター紹介

神野 夏実  (Natsumi Jinno)

iConプレゼンテーション トレーニングプロフェッショナル

 

大手人材サービス企業・国際物流企業等の法人、医師・医療スタッフ、客船クルー等にプレゼントレーニングを実施するとともに、プレゼンの制作代行、展示会等でのプレゼンテーターサポートにも対応。研修先の法人で実施されるプレゼンコンペではリアリティーショーさながらの司会進行役も務める自他共に認めるプレゼンマン。

プレゼンテーションって何のためのスキルですか。

 

営業のスキル?、教育の場のスキル?、会社説明会のスキル?、面接時のスキル?

答えは全部正解。商品の提案で見劣りすれば売れませんし、指導が下手では生徒は興味を持ってもらえませんし、採用したい学生がいても魅力を伝えられなければ採用活動が多難になりますし、求職者にいくら潜在的な実力や魅力があってもそれを伝えられなければ採用されません。実は、価値を伝えることが苦手ということは、それだけ損をしているということになります。

 

AppleのSteve Jobs氏、ジャパネットの高田前社長のプレゼン、テレビショッピング、共にすごいですよね。なぜなのでしょう。それは、本気で良いと思っているもの(こと)を気持ちを込めて、自分の個性で伝えているからです。私たちがすごいプレゼンを目指すも良し、とことん見た目を追求するのも良しです。ただ、自分の個性を発揮して、本気で伝えてようとしているプレゼンがすごいプレゼンに勝つことも普通にあります。別の言い方をすると、個性を活かした本気プレゼンは実は格好よく、相手に響くプレゼンになります。プレゼンが苦手という皆さん。あなたの個性、眠っていませんか? 自分の個性を認識し、伝える技術を磨けば、誰でも素敵なプレゼンテーターになれますよ。

 

それだけに限らず、プレゼンは生きていく上でのとても重要な技術です。あなたの気持ちも価値観も、言葉にして上手に伝えられなければ、相手には正しく届きません。そう、プレゼンテーションは究極のコミュニケーション術と言え、皆さんの人生を大きく変えるツールとなります。お持ちの個性を認識し、あなただからこそできる話し方・伝える力を一緒に磨きましょう。そして、自分の存在感に自信を持てるようになりましょう。